データ復旧の方法やよくわかる基礎知識


データ復旧の方法やよくわかる基礎知識ブログ : 2016/10/27


くも膜下出血(SAH)はほとんどが「脳動脈りゅう」という脳内の血管にできる不必要なこぶが破裂して脳内出血することが原因となって発症してしまう深刻な脳の病気として認識されています。

脚気の症状としては、両手両足がしびれたり下肢の著しい浮腫などが中心で、
病状が進行してしまうと、あろうことか呼吸困難に陥る心不全なども招くことがあるそうです。

軽傷の捻挫だと決めつけて、湿布をして包帯やテーピングで患部を適当に固定し、
様子をうかがうのではなく、応急処置を施した後急いで整形外科でレントゲンを撮ることが、
結局は根治への近道に繋がるのです。

高血圧の状態になると、身体中の血管に大きな負荷がかかり、
身体中至る所の色んな血管に障害が起こって、
合併症を発症するパーセンテージが高まります。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは皮脂分泌の異常により現れる湿疹で、
皮脂分泌の異常の主因として男性ホルモンとエストロゲン・ゲスターゲンのアンバランス、
ナイアシンなどビタミンB複合体の不足等が考えられているのです。

内臓脂肪過多による肥満と診断されて、
脂質(lipid)、塩分の摂取などによる「高血圧」、
高血糖(こうけっとう)の中で2項目か3項目全てに当て嵌まる状態のことを、
メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)と呼ぶのです。

20歳代、30歳代で更年期になるなら、医学的な言葉で表すと「早発閉経(早期閉経)」という女性疾患に当てはまります(我が国では40才以下の女の人が閉経してしまう状態を「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と呼ぶのです)。

寝姿を見ることで、要介護者が犬のことをすごく可愛いと思った時にオキトキシンが多く分泌され、
ストレスを軽くしたり心の癒しに結びついているのです。

体脂肪量に変動がなく、体重が食事・飲酒や排尿などで短時間で増減する時は、
体重が増えた人は体脂肪率(body fat percentage)は下がり、
体重が減れば体脂肪率が高くなるのです。